ホーム > おめでたエピソード > 色んな不安・・・  34歳 経産 2人目

色んな不安・・・  34歳 経産 2人目

二人目も出産はホーカベさんで!!と決めていたので妊娠が分かってすぐ受診しました。

1人目の時に切迫早産で自宅安静があったので二人目も大きくなるにつれ、健診の度に「大丈夫かな?」とドキドキでした。そして、5ヶ月に入った頃から「頸管が短いから気を付けて」と言われ、とうとう産休直前で自宅安静に。仕方ないと分かっていても職を休む心苦しさがあって「はぁー」とため息をつくと、「赤ちゃんはまだお腹の中にいないとダメ。赤ちゃんの為に絶対無理しちゃダメだよ。」と先生に言われ、『この子をお腹の中で育てるのが今一番大事なことで私にしか出来ない!!』と思い出し心がすっと晴れました。

1ヶ月程安静にし、いよいよ臨月に。37、38、39週と過ぎてもなかなか産まれず、私の体重と血圧が増えるばかり。予定日が過ぎても会えなくて「この子は元気なの?」と毎日不安でした。予定日を4日過ぎた健診で「子宮口は6cm開いててもう半分お産終わってるよー いつ産まれてもいいけどなぁ」と先生に言われ帰宅すると定期的な張りが急に来ました。このくらいでは産まれないよなぁと思いつつも電話して病院へ。すると陣痛室を通り越し分娩台でスタンバイ。「子宮口8cm」と言われあれよあれよと言う間に無事出産。元気な産声が聞けました。後ちょっと遅かったら先生に取り上げてもらえなかったので目一杯お腹の中で育ってくれて先生がいらっしゃる間に産まれてくれた親孝行な子に感謝です。

私の腰をずっとさすって声をかけてくださった助産師さん、2人共取り上げてくださった先生。ありがとうございました。

  • クリニックの理念
  • 施設紹介
  • 帰省分娩について
  • マザークラス
  • おめでたエピソード
  • ホーカベオフィシャルFacebook
ページのトップへ